記事一覧

あたらしい夢

アップロードファイル 650-1.jpg

カテゴリーを読んで軽く悩む。
これって「意見表明文」なのかな?「予定」なのかな?
・・・あえてここは、「日向ぼっこに関して」で。(笑)

marmotから連絡を貰い、急遽サロンへ。
とうとう、念願だった「Mさん」と直接お会いする事が出来ました。
Mさんは予想以上に「プロフェッショナル」で・・・。
僕の持っていた疑問に、全て明快な答えを下さいました。
中には大変稚拙で勉強不足な質問もあったかと思うのですが、全てに優しく、的確なアドバイスを下さり・・・。

そして。

その会談を終えた時に、僕の中に明確な、新しい目標が芽生えたのでした。

僕自身も含めて、虐待の記憶やPTSDに悩まされている人は少なくありません。
そういう人たちの為に何か出来る事はないだろうか。
そんな思いで勉強し、色々な事を試して来ましたが、独学ではやはり出来る事に限界があり、時には起こした行動が逆効果になってしまうこともしばしばありました。

やりたい事と、出来る事のギャップにずっと悩んでいたのですが・・・。
Mさんにアドバイスをいただき、今自分が何を勉強して、これからどうすればいいのか、不思議なくらい明確に今後の方向が見えたのです。

プライベートに関わる事ですので、詳しくは書きませんが、涙が滲んでしまうような感銘を受けるお言葉を沢山いただきました。
そしてこれまた、具体的な宣言はこの場では避けますが、この春から、僕は新しい勉強を始めようと思っています。そしてある資格を取り、ある事を出来るようになろうと決意しました。

日向ぼっこの為だけではなく、何より自分の為に。

新しい、生きる希望を手に入れたような気分でいます。

Mさん、本当にありがとうございました。

出会いに感謝。日向ぼっこに感謝。

トラックバック一覧

コメント一覧

2008年12月12日(金)23時24分 編集・削除

こちらこそお逢いできて、ほんとうにホントウニ本当に嬉しかったです。

私こそ、あの日、YETIさん、marmotさんのあったかな兄貴、姉貴としての存在を感じ、これがあってこそ、今の、そしてこれからの日向ぼっこがあると思いました。
ただ、お二人がたまに疲れたとき、自分だけが最後の砦、後ろは断崖絶壁ではちょっときつ過ぎます。普段は必要ないけれど、そんなとき後ろを向いたら、手を広げて立っている人間がもう一人いたっていいのではないでしょうか。
私の出逢いの縁はそのためかな、と勝手に思っています。
私もかつてそんな人に出逢って支えられました。
内容は人の数だけ違いますが、悩み苦しんだ人間だからこそわかることがあると私は思います。

「わたしは傷を持っている
でも、その傷のところから
あなたのやさしさがしみてくる」

かつて虐待を受けて育った子からもらったカードに書いてあった言葉です(ご存知かもしれませんが)。

日向ぼっこは「しみてくる」場所です。

marmot 2008年12月13日(土)23時29分 編集・削除

YETI、新しい生きる希望を掴むことができよかったね(^o^)

私も来年度こそ社会福祉士(今年は申し込みしそびれた★)・再来年度は精神保健福祉士の資格を取得しようと密かに胸を熱くしているんだ!

私こそ、切磋琢磨できるYETIに感謝!

***

Mさん、またまたこんばんはです!

カードに書かれていた言葉、とても素敵ですね。
「『しみてくる』場所」とはまたまた恐縮です(^▽^;)

ある時は姉貴である時は妹みたいな存在であれたらと思いますが、ご察しの通り断崖絶壁に立たされる時に頼りにできる人がいるのは非常に心強いです。
ありがとうございます(^o^)

Script by Web Diary Professional · Design by N.Torii · Graphic by Atelier Sud-Est