記事一覧

高卒資格認定試験学習会の中止のお知らせ

高卒資格認定試験学習会の中止のお知らせ

 日向ぼっこサロンで毎週火曜日に行われていた高校卒業資格認定試験無料学習会は、残念ながら諸般の事情により8月をもって中止することになりました。ボランティアとして貴重な時間を割いていただいた講師の行方正太郎先生には厚く御礼申し上げます。

 高卒資格認定試験学習会は中止のやむなきにいたりましたが、日向ぼっこでは活動の一環として、児童養護施設を巣立った人たちで、基礎的な学力不足に悩む人々の勉強のお手伝いに取り組みたいと考えています。国語、英語、社会、あるいは新聞の読み方などご希望に合わせて、肩のこらない勉強をお手伝いするつもりです。

 さらに、例えば自動車普通免許、原動機付き免許などの各種資格試験、健康保険などの社会保険や社会保障の仕組み、カードローンなどのクーリングオフの仕組み、住民票の異動など社会で生きていくための基本的な常識、教育・福祉関係の資格なども盛り込んだ学習内容も検討してみたいと考えています。

 現在、この新しい学習会の仕組みを検討中です。まとまり次第、発表し、希望者を募る予定です。

トラックバック一覧

コメント一覧

サブ 2007年08月13日(月)15時52分 編集・削除

俺は施設にいた24歳の男です。中卒で新聞配ってます。読売新聞配ってるから、それで日向ぼっこを知りました。なんで勉強会なくなったんですか?俺はバカで金もないから、そこで高卒取れるの期待してました。俺は未成年じゃないから行方先生に教えてもらうには金払わないと無理だから、どこも無理だし。俺は学歴ないから、やっぱ高卒の学歴一発で取らせてくれる勉強を教えて欲しいです。それ以外は必要ない感じかな。だいたい本に書いてあるし。俺は信用できる人、力のある人に出会いたいです。

marmot 2007年08月14日(火)23時14分 編集・削除

サブさん、ご意見ありがとうございます。

ご期待いただいていた高卒資格認定試験無料学習会ですが、中止してしまい申し訳ありません。
絶対必要なサポートであることは重々承知していているのですが、いざ開催したところ毎週火曜日にサロンに来て勉強をするという行為は、中卒で独り立ちを求められている人たちにとってハードルが高いと言うことがわかりました。
曜日を固定しない、初歩的な勉強から始めるなど、もっと幾らでも融通の利く形での勉強会を再開できるように努力したいです。

ところでサブさん、信用できる人・力のある人に出会いたいとのこと。
サブさんはどのような人に対してそう思われますか?

サブ 2007年08月15日(水)12時53分 編集・削除

俺が思うに、曜日や時間や目的が決まっていたほうが勉強しやすいと思うな。俺が高卒取ろうと思ったのだって行方先生の記事なんかに半年くらいでも取れるって書いてあったからだし。半年ならがんばって時間も作れるかなって思ったからです。俺は勉強のための勉強とか、教養のための勉強じゃなくて、自分の生活にすぐ活かせて履歴書に書けるための勉強をしたいです。確かに俺はバカで学歴も教養もないです。だけど世の中にはバカで教養がなくても、学歴があればそれなりの生活してる奴なんかたくさんいるじゃないですか。俺は悔しいんですよ。親もいなくて金もなくて学歴もなくて、そんな俺は学歴から始めるしかないんじゃないかと思うんですよ。俺は間違ってますか?高卒の資格なんかどうやって始めたらいいか適当なことしか本には書いてないし。やっぱ先生のような仕事している人に教わったほうが確実じゃないですか。安心できて頼れるじゃないですか。

サブ 2007年08月15日(水)13時13分 編集・削除

字数が足りなくて追伸です。信用できる人っていうのは、言ってることとやってることが一致してる人です。施設の先生なんか自分は大学卒業してるくせに、俺には大学どころか高校だって卒業しろなんて言ったことないからね。力がある人っていうのは、社会的な力のある人って感じかな。頼れる人っていう感じかな。今まで会ったことないからイメージです。モルモットさんは行方先生を尊敬できる人って書いてあったけど、どんな人なんですか?俺は先生にかなり興味あるんですけど。

leo 2007年08月15日(水)18時53分 編集・削除

さぶさん、メールありがとうございます。
あなたの文章を読むと、あなたがバカだとか、教養がないだとか、信じられません。大学を卒業した人でもこれだけしっかりした文章をかける人はそうはいませんよ。語彙もとても豊富ですね。
さぶさんが中卒だなどとは考えられません。きっと新聞が身近にあるので、新聞を丁寧に読むことで自然に文章力、教養が深まったに違いありません。

でも、学歴を高めようという意思は大事だと思います。
行方先生は個人的にも無料で学習を見てくださる場合もあるようなので、さぶさんが本当に興味があるなら直接連絡をとられてはいかがでしょうか。連絡先はこのメールの下にある記事に掲載されています。また、毎週月曜日の午後に新宿歌舞伎町のコマ劇場前に行けば、ユニークな姿で立っている行方先生に会えますよ。

サブ 2007年08月17日(金)11時12分 編集・削除

レオさんありがとうです。だけど中卒なのは本当です。俺は新聞だけは読むからね。周りに売るほどあるから。って俺は新聞配達だから当たり前か。レオさん、要は俺が直接先生と交渉して、自分でなんとかしろってことですか?そんなの無理です。なんか俺の被害妄想かもしれないけど、もうコメント送るなってことすか?うるさい中卒がいて困るって感じすか?だから先生に連絡しろって振ったんすか?俺はただ行方先生ってどんな先生なのか興味があるだけです。なんで尊敬できたのかとか。俺は尊敬とか信用できた人なんか一人もいなかったから。俺は日向ぼっこの人たちみんな大卒かなっておもってるけど、そうすか?俺みたいな中卒はいないんじゃないすか?だからコメント送られて困ってんかなって、違いますか?

leo 2007年08月18日(土)22時05分 編集・削除

サブさん、メールありがとう。毎日暑くてお仕事大変ですね。身体に気をつけてください。サブさんは朝夕刊を配っているのですか。それとも、朝刊だけですか。
わたしは現役時代は新聞記者をしていたので、配達をしてくれる人たちには感謝の気持ちで一杯です。記者がいくら良い記事を書いても、新聞を読者に届けてくれる人がいなかったらどうしようもありませんからね。
貴重な時間を割いてメールを送っていただき恐縮です。でもブログで第三者の人柄を云々するのは避けたいので、行方先生について私があれこれ言うべきではないでしょう。やはりこれはサブさんが直接、電話を一本かければすむことではないでしょうか。もっとも、あなたがわたしに紹介の労をとって欲しいというなら、一緒に行方先生のところにうかがっても良いですよ。行方先生はこのブログの愛読者のはずなので、サブさんが電話してくるのを心待ちにしているかもしれませんね。

サブ 2007年08月19日(日)15時45分 編集・削除

俺は先生に会いたいっていってんじゃないです。それにレオさんに聞いてんじゃないすよ。こんな言い方で悪いすけど。モルモットさんが尊敬してたと書いてあるから、俺はどんな人なんかなって興味あっただけす。モルモットさんはそれにちゃんと答えてくれないじゃないすか。なんでなんすか?なんかごまかそうとしてますよね。俺はさんざん人から無視とか、相手にされてこなかったからわかるんすよ。ごまかそうとしてんの。やっぱ中卒だからすか?学歴ないやつは参加したら駄目なんすか?なんかそんな感じがすんですよね。みんなのブログ見てると。なんか俺って場違いみたいな。それから俺は朝しか配達してないす。夜は別の仕事してます。俺の他にも施設出の高校中退とかそんなのたくさんいますよ。

marmot 2007年08月21日(火)10時44分 編集・削除

サブさん、お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
言い訳になってしまいますが、19日の催しの準備などでてんてこ舞いでじっくりお返事ができる余裕がありませんでした。
高卒資格認定試験学習会の担当者であるleoさんにお任せしていましたが、結果として私が誤魔化しているように感じさせてしまいすみませんでした。

お返事が遅れたこととサブさんが中卒であることは決して関係ありません。

さて、本題です。
私もサブさんと同じで尊敬できる人・信用できる人に、なかなか出会えませんでした。
ただ、それは私に人を尊敬する心や信頼できる力が乏しかったからだと今では感じています。
人を敬うこと・人を信じることのよさを経験してこれなかったからでしょう。

でも、自分の欠けている部分を生い立ちに恵まれなかった所為にしても仕方がありませんよね。
私は物心付いた時から挽回しようと必死だったように思います。
だから、これまでの出会いや今の私が居ると信じています。
(逆に言うと必死に頑張る生き方しか今のところわからず、時としてそれが悩みの種ですが)

そんな話ではなく、サブさんのご関心は私が尊敬できると言った行方さんに関してですね^^;
leoさんもおっしゃっていたようにあまりblog上で誰かのパーソナリティーをとやかく言いたくはありません。
でもそれではサブさんは不満ですね。

「自ら信じる路を
 自ら望む路を
 歩もうとするものは、
 その代償を覚悟しなければならない。
 その代償とは何か?
 外面ばかりではなく、
 内面の壮絶なドラマである。
 内面の壮絶なドラマに耐える覚悟こそ、
 自ら信じ、自ら望む路を歩むのには必要なのである。」

丁度昨日手に取った加藤諦三さんの『愛と自由のために』のはしがきに書かれていた言葉です。
私が生まれて初めて「この人みたいになりたいな」と思えた行方さんはそんな生き方をしている方でした。

平たく言うと「苦しみながらも懸命に生きている人」でしょうか。
「生きる苦しみを抱えながら人はどのようにして生きていくのか」、生き方を持って示してくれる人でした。

その答えを、私は未だ見つけられていません。
きっと一生見つけられないかもしれません。

でも、23年間をただ悩み苦しんできたわけではありません。
なんとか、生きる希望を絶やさない術を身につけることはできました。
それは私が行方先生やtoraさんから生きる勇気を頂いたように、私もいつか私のように悩み苦しむ人に少しでも希望を感じてもらえる存在になることです。

サブさん、やっと正直に心の内をお伝えできました。
宜しければ、続きはサロンで^^

サブ 2007年08月21日(火)12時52分 編集・削除

モルモットさん、教えてくれてありがとう。なんかよくわからないけど、そういう人だったんすね。俺もそんな人に会えたらいいな。俺は仕事の時間が関係して、そこには行けないすよ。それに場違いな感じがします。それに行く意味ってゆうの?それがないす。高卒取れんなら、なんとかやりくりして頑張って行くけど。ただ飯食って話して、そんなゆとりってゆうの?それがないす。ダチはいるし。バカばっかだけど。しかも中卒ばっか。そこにいる人は俺と住む世界が違う感じっすよ。

itachi 2007年09月05日(水)22時25分 編集・削除

こんにちは、サブさん。

ここ最近になってサロンに立ち寄るようになった itachi です。
実は、僕も中卒です。
でも、中卒だから過ごしにくいかと言えば、そんなことはないし、たわいない話をして無意味な時間を過ごしている、って感じです。

それに、サロンにはいろんな人が来ます。
どんなものか覗きに来る人、ただなんとなしに話をしにくるだけの人、ご飯が食べたくて来る人(笑)
それぞれ、もちろん目的があって来る人もいますが、意味もなく立ち寄るだけの人もいます。
みんながみんな意味があって来ている訳じゃないし、意味がなくても話をするだけで得られるもの、発見することもあると思うので、それを見つけるためにサロンへ来る、というのでもいいと思いますよ。

あと、高卒認定試験ですが、僕も取りたいと思っているので、もし取るなら一緒にがんばります。
どういうもんなのか、とか、どう勉強するか、とか、そういうことを相談しに来るのでも大丈夫なので、ぜひぜひサロンにいらっしゃってください!

サブ 2007年09月07日(金)13時44分 編集・削除

ひさしぶりっす。中卒のサブっす。いたち君よろしく。俺はぶらっとはよれねえです。時間が合わないすよ。俺は高卒のための勉強なら、店の人にお願いしてでも時間作って行くです。時間的に余裕がないんすよ。

yoshi 2007年09月21日(金)13時22分 編集・削除

お前はバカや。

人が下出に出てるのをいいことに
自分がやってないのを棚にあげて屁理屈ばかりや。

中卒、高校中退の人間をバカにしてるのは
お前自身や。

俺はもう40になる。

家庭の事情もあったけど、自分の至らなさで高校を中退して他のことに熱中した。その時楽しいと思うこと、大事やと思ってたことに。でも社会で働きだして劣等感からコンプレックスもあり大検受けたいと思ったりしたが結局受けずじまいできてしまった。どっかで変われると信じながらも受けなかった。金はある程度稼いでたのに無駄な使い方して、借金作ってぼろぼろになって今ではネットカフェ難民の一歩手前。

でも、多少なりと力や助言してくれる人の後押しもあり
お金も時間もないけど今回受ける決意して絶対取ってみせるつもりや。

お前はまだ若い。
今、がんばってやれば何年かかっても
俺の年齢になるまでには合格出来るやろうと思う。

寝なくても遊びに行ったりしてた俺はがんばらなかった結果が今に反映されてる。

若い頃がんばってなかった俺よりがんばってくれ。

Script by Web Diary Professional · Design by N.Torii · Graphic by Atelier Sud-Est